クリスマスの思い出

私は子どもの頃、クリスマスが好きでした。クリスマスが近づいてくるとそわそわし始め、サンタさんからもらうプレゼントを考えていました。サンタさんの存在を信じていた私は、本当にクリスマスを楽しみにしていました。朝起きたときに枕元にプレゼントを見つけたときの喜びはとても大きかったです。私はおそらく周りよりも長くサンタさんの存在を信じていたので幸福者でした。私の時代と違って、今はネット社会です。そのため、以前よりも早い段階でサンタクロースの正体に気づいてしまう子も多いと思います。それでもやはりクリスマスは子どもたちにとっては大切なイベントです。