月別アーカイブ: 2015年8月

凍っている氷?

先日、スーパーに行った時の事です。レジ近くの看板を見ると「凍っている氷あります」と書いてあったのです。でも、氷って普通は凍っていて、溶けているのは水だから、日本語の表現としては「氷あります」で十分なはずです。わざわざ「凍っている氷」と書かなくてもいいような気がしたのです。まあ、いちゃもんレベルでの話ではありますが、ちょっと気になったもので。でも、スーパーは色々な方が来ますから「氷って何だどんなんだ」と無茶苦茶なクレームをつけられた上でこの表現になってしまったなら、心中お察し致します状態ではあります。日本語って大変ですね。

梅雨が明けても土砂降り

梅雨が明けたというのに、連日雨が降っています。暑さのせいなのか、まだ梅雨の名残が残っているのかわかりません。外出中に突然のスコールのような雨があるので、折りたたみ傘は手放せません。また雨具が無いので、自転車で移動の時は傘差し運転をするわけにも行かず、のろのろと歩いて帰るような状態です。しかし、雨が降ると暑さで乾ききっていた道が潤っていき、少し涼しくなります。まだまだ湿度が高い毎日なので、雨が降っても爽やかな涼しさはなかなか感じることができません。しかし、この時期ならではの季節を感じるものもありますし、考えようによってはどの時期も風情があるのかもしれません。